検索
  • み なゆ

差別化でしっかり稼ぐ動画編集者とは?

更新日:2021年7月14日

【勝ち組編集者への道】

こんにちは!なゆみです


意欲的かつ向上心がある方は大歓迎!

MES動画編集スクールでは、どこまでもサポートしてガツガツ結果出してもらいます!



動画編集はやっぱりまだまだバブルです。

というか、これから動画編集市場はもっともっと拡大していきます。

そんな動画編集で稼いでいくにあたり、たったこれだけで大きく差がつくキーワードがあります。


100万稼げる編集者か?

1万円しか稼げない編集者か?

あなたはどっちがいいですか?

しかも、同じ労力、同じ時間で。です

もちろん、100万ですよね。

しっかり稼ぐ編集者になりたいなら、このキーワードは是非覚えておいてください。

『差別化』

なんやそれ?と思った方のためにちゃんと説明しますね。

まず、いろんなビジネスをみて、やってきた私が断言しますが、動画編集以上に

・素早く

・やればやるほど稼げて

・自身のYouTubeにも転用可能性な

・オプションつけ放題で

・売上青天井な

ビジネスモデルは今のところありません。

身近なところで行くと、稼げすぎて動画編集会社を立ち上げたり、個人編集者で1000万超えもちょこちょこ出てきております。

ほんとすごいです。

しかし、スクール生のみなさんに覚えておいて欲しい現実は、動画編集は稼げるんだけど、編集者も増え、価格競争も始まってるという現実です。

より高クオリティ、低単価が求められ始めてる。ってことです。

これは仕方のない現実、良いものに人が集まるのは世の常です。

こんないいビジネスモデルを皆んながほっとくわけないんです。

だから、今もなお月に1~5万円稼ぐ編集者が量産され続けているのが現実です。

いつの世も、価値は希少性なので、参入者が増えれば必然的に価値は下がるので単価も下がります。

それでも月に1~5万くらい稼げるのもすごいんですが、やっぱりやるならしっかり稼ぎたいですよね。そっちの方が絶対楽しいし。

では、どうすればそういう量産型編集者でなく、しっかり稼ぐ勝ち組編集者になれるか?です。説明します。

大事な話をするので集中してよく聞いてください。

勝ち組になるには、前の文章にも書きましたが、他の編集者と『差別化』することです。

これがむちゃくちゃ大事。

これ、ほとんどの編集者は見えていませんが、動画編集まわりには付加価値となる組み込めるビジネスが山ほどあります。

例えば、、、

・撮影を行い撮影費をいただいたり

・有料のnote教材を製作→販売したり

・YouTubeマーケティングを勉強してYouTubeコンサルティングをしたり

・ノウハウを貯めて体系化してスクール展開したり

・広告を勉強してYouTube広告運用の代行をしたり

・Vyondアニメーションを取り入れアニメーションクリエイターとして差別化したり、、、etc

これと動画編集を組み合わせるだけで他の編集者とは違う圧倒的に差別化されたレア編集者になれちゃうんです。笑

レア編集者ならターゲットが変わるので価格競争に巻き込まれず、適正な価格で、かつ案件取り放題状態にもっていけます。

実は動画編集ってまだまだやりたい放題だし、むちゃくちゃ打ち手あるんですがほとんどの編集者はそれに気が付いていません。笑

というか、ほとんどの編集者は独学であったり、スキルだけ学べるスクールへ通っているため、ビジネス戦闘力がとにかく低い。

なので気づきたくても気づけません。




実は動画編集は見方を変えればまだまだTHEブルーオーシャンなんですよ!

タイミング的にも動画編集に付加価値を付けて差別化→高単価や企業案件まわりを固め取りしていくことで、これから本格的に入ってくる企業案件とかが取り放題になるので、今仕込むか、仕込まないかで100%未来は大きく変わります。

今仕込めば間違いなくおいしすぎる未来が待ってるのは間違いない

動画編集の基本相場は今、¥5,000-くらいです。この1本¥5,000-を多くの編集者で取り合っています。

そこから競争による価格破壊が起きて、さらなる価格競争になり、疲弊していく、、、というのが今の現状です。



ほとんどの人がこの戦国鬼滅の刃モードに突撃しています。

例えば、YouTubeのマーケティングを勉強して、実践すれば「YouTubeチャンネルを伸ばすお手伝いができます!」とか言えると圧倒的に強くなるでしょ。

そんな感じ

YouTuberは全員、チャンネルを伸ばしたいので、そんな人いたら単価が少々高くても即採用です。私もお願いしたいくらい。

お金ある人や企業ならなおさら、結果出せる可能性には投資するので、とりあえず試してみるか。で採用します。

わかりますよね?



ちなみに、YouTubeマーケティングのコンサルティング料は安くても月に20万円とか、高ければ300万とかです。



他にも、今企業がアニメーションにむちゃくちゃ注目しています。

周りを見渡してみてください。

アニメーションが爆発的に増えてます。

アニメーション単体のYouTubeチャンネルも増えてます。

ちなみに、アニメーションは通常の動画編集とかかる時間や労力は同じでも1本単価10万円とか普通です。

もっというと1本30万とか普通レベル。



ホームページわかります?

ホームページ全盛期と全く同じ流れなんですよ。今のYouTubeは

これから、企業でYouTubeチャンネルないとかありえへん。みたいな時代になります。

なので大手だと莫大な全体予算が降ってきます。

1チャンネル運営案件の年間予算1000万とかありますからね。まじですよ。笑

嘘だと思うでしょ?

試しに調べてみるといいと思います。

山ほど出るので

https://douga-kanji.com/posts/animation-price

しかもセンス不用、だれでもできます。

ヤバいでしょ。だから差別化はこれからの動画編集者の大テーマです。




ただ、マーケティング思考の頭いい編集者はどんどん差別化すべくアニメーションなどを身につけ、爆発的に稼せぐと同時に、動画編集オワコンみたいな感じでネガティヴキャンペーンを打ちます。

なるべく多くの人を動画編集ビジネスから退場させたほうがやりやすくなりますからね。

わかってる人は、今まで絶対に個人が関われなかったであろう大手企業案件や行政、国の案件などを今まさに個人でガンガンとっています。

編集者格差がマジでひらいてます。

今こそ、マーケティングやアニメーションを身につければ驚くほど素早く、むちゃくちゃ効果的に大きく稼げるのに。



知らない人は低単価で疲弊or動画編集業界から退場です

例えば、私もアニメーションで動画作りましたが、2分のアニメーションで1本5万

編集やり始めたばかりで、アニメーションを取り入れた子が一瞬で300万程利益出したとかもマジな実話であります。

アニメーションは今最も注目しており、仕込んでます。

ぶっちゃけ素人、センス無しでも余裕でいけるので

これは経歴詐称とかでなく事実。

ほんまのほんまです。


差別化すると案件獲得は驚くほど楽。差別化するだけで全てがプラスサイクルに入ります。


低単価の動画編集戦国時代。

営業合戦をして、なんとか勝ち取った案件も

気を抜くと奪い取られます。

また、なんとか死守しようと低単価でむちゃくちゃ働いて、微々たる労働収入を得るとかだと、疲弊して辞める原因になります。

下手したら動画編集きらいになるかも。

逆に差別化されたポジショニングで高単価編集案件を受け、かつ知識や知恵もお金に変える。



どっちがいいですか?笑

絶対後者でしょ。

MESでは、後者の編集者をなるべくたくさん増やしたいと思っています。

と、いうことで、

7/17日13:00-14:00で

差別化オンラインセミナーを開催します!

YouTubeキャンプの詳細&アニメーションスクールの特別募集を行います。

100%価格競争から抜け出し、売上が上がることは保証します。

動画編集は今が本当に大事。

今が正真正銘の大チャンス。

ということなので、17日のセミナーは必聴です!お楽しみに!!


参加希望の方は、こちらのLINEから、17日セミナー参加希望の旨お送りください♪




今すぐスケジュールチェックしよう!

閲覧数:171回0件のコメント